現代のコスパ抜群な名刺印刷サービス!最適なデザインをプリント

Business Card

印象に残る名刺作成

今の時代、企業だけでなく個人でも自分の名刺を持つ人が増えてきました。そのため、世の中には様々なデザインの名刺が存在しており、これから名刺作成を行おうと思っても普通の名刺ではインパクトに欠けるかもしれません。せっかく名刺作成したとしても、いざ相手に渡した時にあまり印象に残らないということも多いです。そこで今回は印象に残る名刺について書いていきます。
印象に残る名刺を作成するには、他の名刺とは違ったものを作成するのが1番効果的だと言えます。それは単にカラーリングやフォントを特徴的にして目立たせるというだけではありません。名刺には様々な要素があり、フォントやカラーリングだけではなく名刺の紙自体も要素の1つであると言えるのです。
なので、この名刺の紙を他の名刺とは違うものにするというのも特徴的な名刺を作成するポイントの1つであり、デザイン自体は普通の名刺と同じであったとしても、使用されている用紙が半透明のものや和紙などのものであったりした場合では、見た目や手触りで印象を強く相手に残す事が出来ます。
このように、名刺作成において用紙の選択というのは、名刺のデザインと同様に重要なポイントであり、用紙が違うだけで名刺が与える印象は大きく変化していくのです。

断裁によるズレを熟知している名刺印刷

印刷は業務用の大きな用紙に行われ、必要なサイズに断裁することで完成します。パンフレットのような大型のサイズであれば、多少のズレがあっても目立ちませんが、小さな名刺では無視できない話です。名刺印刷では望ましいデザインの目安を示しており、断裁によるズレをフォローするための工夫ができます。断裁によるズレを完全になくすのが一番ですが、機械によって印刷している関係から、数ミリのズレはどうしても発生してしまうのが現状です。
デザイン作成時には業者のテンプレートをダウンロードして、その印刷できる範囲に文字などを入力します。実際に機械でカットする部分は断裁線として表示され、そこに断裁ズレを考慮したデザインをするのです。上下や左右といった対称になる構図では、どちらかに断裁ズレができた場合、その違いが目立ってしまうケースもあるので気をつけましょう。たとえば、名刺を全体的に囲う帯といったデザインは、どの名刺印刷の業者でも避けた方が良い事例として挙げています。
名刺印刷でも推奨している断裁ズレを攻略するコツは、文字の周囲に十分な余白を確保しておき、断裁線にかかる模様や線をつけないことです。下側にだけ色を塗るなどの部分的なデザインでは、断裁によるズレが分かりにくく、安心して取引先に対して使用できます。

細かい修正にも応じてくれる名刺印刷

確実に正しい内容で印刷するために、名刺印刷では最終的なデザインをチェックする工程があります。誤字脱字をチェックする校正であり、業者側からメールによって届き、それに同意することで印刷に入るのが一般的な流れです。細かい修正であれば、数回までは無料で対応してくれる業者が多く、イメージ通りに作成できます。デザインによっては印刷が難しいケースもあるので、その時には業者と相談しながら変更しましょう。
名刺には少しの誤りも許されないから、校正では時間をかけてじっくりチェックするのが常識です。校正でOKを出してしまうと、以後の変更はできなくなるので、ダブルチェックでミスをなくす方法も検討しましょう。スピードが自慢の名刺印刷でも、校正が完了してから印刷作業に取り掛かるため、納期は校正完了からの時間で表示しているケースが多く見られます。
良心的な値段で高品質の名刺を販売するために、予め用意したサンプルを修正することで完成品とするのが名刺印刷です。最終的なデータを納得できるまで修正してくれるから、既存のデザインの範囲であれば、最短で即日出荷というスピード対応になります。校正についてはスタッフが確認する必要があるので、業者の営業時間にも注意しましょう。

名刺

NEWS

2017年12月06日
名刺作成の基本的な注意点を更新。
2017年12月06日
名刺作成の重要なポイントを更新。
2017年12月06日
名刺印刷するときは質感も考えてを更新。
2017年12月06日
名刺印刷の内部ポイントで有利に注文を更新。

TOPICS

名刺印刷するときは質感も考えて

名刺入れ

たとえば会社の社名が変わったときは、名刺も変えなければいけません。旧名の会社のままでは、営業先で名刺を渡した際にお客さんが混乱してしまいますからね。このように会社の名刺を変更することが余…

名刺作成の重要なポイント

名刺を渡している人

最近では、仕事をしている人であれば名刺を持っている人が多いです。また個人事業主やフリーランスの方にとっては、名刺は必須アイテムかもしれませんね。特に個人事業主やフリーランスの方には、名刺一つで仕…

名刺作成の基本的な注意点

名刺を見せている人

最近では、個人事業主の方やフリーランスの方も増えています。そんな方たちは、自分で印刷会社などに頼んで名刺を作成しなければなりません。しかし、多くの方が名刺を作成する際に、悩んだりする事が多いよう…

TOP